RSS | ATOM | SEARCH
財産がわからない!!!
先日の相続相談、亡くなった方には子供もなく兄弟もいない方で、遺言書で従兄弟にあたる方に全財産を遺贈するという内容でした。
しかし、日頃の交流がある方ではないのでどこにどのような財産があるのか全く分からないとのことで、もちろんマイナスの財産がるのかもわかりません。
通帳類についても、公共料金の引き落としについてもクレジットカードの引き落とし口座も?
ようやく発見した口座がシティバンクであったために、もしかして海外に口座があるの?ネット口座があるの?と思ってしまいました。結局何かの手掛かりがないと財産を把握することはできません。従って財産一覧等何かの形跡を残していただかないと残された遺族はいつまでもスッキリしない状態が続きます。
author:yusamu0416, category:遺言書, 14:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
寄付金
現在お手伝いをしている相続案件で、亡くなった方の名義の土地を市に寄付するというものがあります。
と言っても、市は現金なら喜ぶのでしょうが土地となると簡単ではありません。市としても寄付として受け取ると固定資産税がその分入ってこないことになるから本当に活用できるような土地なのか検討するようです。
今回の土地に関してはまだその行方は決着していませんが、遺族が強く寄付を希望されております。
私としてはご希望に添えるように市の担当者と協議をしている状況であります。
ちなみに、相続税の申告期限までに一定の要件に該当する寄付を行えばその財産を相続財産から除いてい頂けるようですので、申告期限までに実現するようにしたいと思っております。
author:yusamu0416, category:相続税, 17:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
老後貧乏は避けられる
本日は、大阪市において「老後貧乏は避けられる」の著者である大江英樹先生のセミナーに参加してきました。
出版記念セミナーでありましたので、その名の通り老後貧乏を避けるための内容であります。
私も感じることですが、現在の多くに何かにつけて不安をあおることがあります。不安をあおることでその不安に対する準備を提案しております。昔から「備えあれば・・・・・」とありますので、この方法は日本人に対する手法としては向いているのでしょうね!
ただ、本当にそうなのか?必要以上の準備をしてかえって不安を招いていないか?私もいくつかの不安に対して保険加入をしたり、老後の準備をしておりますが、自分自身にあった方法を選択しているのか再度考えるいい機会になりました。
また、経済的なこと以外に「孤独」に対する不安をテーマに「定年楽園」という著書も出版されておられますので是非読んでみたいと思ったしだいであります。
author:yusamu0416, category:老後, 14:04
comments(0), trackbacks(0), pookmark